[iPad All Stars

[iPad Pro⒐7で基本書き、自分でITの基礎研究言ってます。分析好きで、iPhone、Macbook兼用。

MENU

[macOS Mojave10.14.5を非対応MacにPatcherで入れて安定して来た

〓現在、Mojave10.14.5とパッチを最新にしていますが、既知の問題であるメニューバーとFinderの左ペインが変なグレイになる現象続いています。みなかったことにして居ます。10.14.6が最新ですが、安定のためこのバージョンで留めて居ます。また今外出先でずっと運用しているというのもあります。特に問題は発生しておりません。

 

≡ぼくは今、Catalina PatcherでmacOS動かしていますが、著しく不安定です。非対応Macのせいもあると思いますが、思い起こせば、Mojaveは安定して、しかも速いです。ダークモードや最新のXcodeなど必要な方はお勧めします。

目次:

 

 

 ということで、Catalinaは、写真.appが使えなく、Sidecarも使えないので、mojaveに戻ってきました。CatalinaのままでMojaveに戻るのは無理で、もともとインストールしてあった、LionのHDDでOption起動して、Mojave Patcher作り直しました。iCloudあってよかったです。安定しています。Catalinaは時期尚早でした。あと、Catalineで作ったと思われるmacOS dataというのが消えません。マウントを解除することは出来ます。何かシステムとデーターを内部で分離しているのかもしれません。また、Macbook8.1ではiMoveがインストールできなかったです。ビデオカードの限界なのだとか。

 

 10.14.5にはこう言う注意書きがあります。

10.14.5

10.14.5 can be updated normally via the App Store if using an APFS volume, and will need to be patched using an installer volume created with Mojave Patcher version 1.3.1 and later after installing.

 

f:id:gothom:20190704230959p:plain

10.14.5 Patcher1.3.3で動きます

 フォーマットをAPFSにする必要があるようです。それには10.14.1まで戻る必要があるようです。また、Patcherを1.3.1にするよう指示が。間も無く10.15の詳細がわかりますが(Catalinaでしたね)、AirPlay2やソフトフィックスなど必要な方には、多分、10.14シリーズで最後になると思われ(マイナーバグフィックスは覗く)私は一時様子見ですが、挑戦はしてみるつもりです。サムスンのAirPlay2試してみたいです。また、🍎TVやarcadeに何かしら最新であると良いことがあるかもしれません。

 ちなみに、CatalinaのMac要件はより厳しくなりました。サブディスプレイや、arcade、など無理なのでしょうか。10.14.5にもチャレンジします。サムスンのAirPlay2持ってませんけど。令和対応もあまり魅力感じませんけど。

 みなさん、Mojave Patcherの作者様に、援助お願いいたします。

 

 何とか10.14.4には出来ました。Macbook8.1です。

f:id:gothom:20190607054416p:plain

10.14.4

 

f:id:gothom:20190521105236p:plain

Mojave10.14.5

 

f:id:gothom:20190521105338p:plain

Mojave Option

 なるべく、チェックボックスを外す方が好ましいのではないでしょうか。

 

準備 

 古いMacでHigh Sierraが最後なのですが、フリーで配られているmacOS Mojave Patcherで10.14.4にすること成功しました。

 SSDも姑息に入れているのですが、ケチ臭いことにパーティションを切って、USBにPatcherを入れて起動して、Optionキーを押しながらMojave起動できるだろうと思ったらできませんでした。

 

f:id:gothom:20190403162041j:plain

Download Site

 macOS Mojave Patcher

 

f:id:gothom:20190403160338p:plain

Download

 

f:id:gothom:20190403160432p:plain

USB中身

 それで正規の外付けHDDにクリーンインストールしてまたOptionキーを押して起動するだろうと思ったら、ノーのマーク。

 苦心した挙句、Mojave PachterのそもそもPatchを入れていないことに公式ページで気づき、それをインストールしたらあっさり大丈夫でした。

 速度も遅くなく、快適に使っています。

 手順に誤りがあったので、追記します。macOS Mojaveをインストールした後、もう一度、OptionキーでUSBから立ち上げ、図のようにユーティリティからmacOS Post Installを行って下さい。それでないとノーマークが出て起動しません。もう一度macOSをインストールする画面になりますが、利用規約が出るまで大丈夫ですので進んでください。それでmacOS Post Installerが出来ます。

f:id:gothom:20190429151833j:image

この画面で僕の場合、Macbook8.1を選択しました。自分の機種がどれに当たるのかは、後述のリンクでわかります。

 

 また既知の問題として、ライトモードの時、メニューバーが変なグレーになります。Finderのサイドバーでも起きます。

 僕は動くだけ嬉しいので、良いこととしています。変にグレーなのは嫌だという場合、常時ダークモードにしておけば大丈夫です。

 

f:id:gothom:20190429153507p:plain

既知の問題

実行

 Mojave自体は、下記のようにインストーラーを起動して、ツールから6GBダウンロードして下さい。セキュリティ上、Mojave PatcherはMacApp Storeを経由していないので、環境設定のセキュリティから一番下の鍵をアンロックして、App Store以外の信頼の置けるソフトウェアをインストールするのラジオボタンを選んで、鍵をロックしてださい。そうするとMojave Patcherを開くかどうかウインドウが開いていますので、起動して下さい。ややこしいですね。Appleの推薦していないことをやっているのでしょうがないです。

f:id:gothom:20190403110323j:plain

インストール失敗

 改めて手順。

 GoogleでMojave Pachterを検索。ダウンロード。インストールの仕方をちゃんとみて、いつでも見られるようにiPadかWindowsにドキュメント控えておく。

1.ダウンロード。

2.外付けHDDをつなぐ。

3.外付けUSB16GB以上を挿入する。

f:id:gothom:20190403163846j:image

4.HDDをAPFEでフォーマット。(10.14.4にはこれである必要があるようです)

5.USBもフォーマットして(こっちはmacOS拡張ジャーナリング)、macOS Pachterをインストール。普通にはインストールできないので、環境設定からセキュリティを開き、鍵を外して、App Store以外の信頼の置けるソフトウェアをインストールするにラジオボタンを変更。鍵をかける。そうするとmacOS Mojave Patcherを開きますかというウインドウが出ているので「開く」。

6。PatcherをUSBにインストールして、起動するとまだMojaveをDownloadしていない状態なので⌘+DかツールメニューからMojave Download6GBダウンロードして下さい。これで準備は完了です。

7.Optionキーを押しながら、USBを選択して起動。

f:id:gothom:20190403163920j:image

7.外付けHDDにインストールする。終わったらもう一度USBから起動してユーティリティメニューでmac OS Post Installerを選び、Patchをインストールする。自分のMacならMacBookPro8.1を選ぶ。successと出たら成功。

f:id:gothom:20190403164019j:image
f:id:gothom:20190403164024j:image
f:id:gothom:20190403164029j:image

8.Optionキーを押しながら起動してHDD,SSDのMojaveが起動するか確認して、内蔵HDDと取り替える。終了。現在、MD313j/Aで成功して書いています。皆さんも成功しますように!

Macナンバーの確認

support.apple.com

f:id:gothom:20190403164354p:image

 

f:id:gothom:20190403145318j:plain

macOS Mojave10.14.4

 ああ、憧れのダークモード🙏🏼

 

既知の問題

 自分は既知の問題は、Patcherを1.3にアップデートしたら出てきました。つまりグレーのメニューバーとFinderの左ペインのグレーです。昔から言われるようにうまく動いているものを、新しいものの方が良いだろうとインストールするのは賢明と言えません。アップデートは慎重に。

 

 上の図はグレーになる前の状態。これがグレーの状態です。↓

f:id:gothom:20190429190607p:plain

Gray Mojave

 夜になりました。もはやダークモードでは・・・ないです。

f:id:gothom:20190429210208p:plain

DarkMode??

 Patcherを無闇にアップデートするのやめよう。

f:id:gothom:20190429232342p:plain

Timemachine

 Timemachineして何とか戻しました。

 トラックパッドの3本指でドラッグできないとかありますが、やっぱこっちの方が良いです。このTimemachine、4/3にやってますので、それを考慮に入れて、昔のPatcherを使ったりTime Machineして戻してください。

 皆さん、Mac miniだったりMacbook Airだったり、iMacだったりすると思いますが、試行錯誤よろしくお願いします🍎

 

 起動時に

f:id:gothom:20190430001902p:plain

一番右を選ばない

 一番右を選ぶと、Patchが更新されて、Macbook8.1の場合、グレイのメニューバーとFinderになります。永遠にPatchを充てないつもりもないので、Skip for Nowにしています。皆さん、安全な時にTime Machineしておいてください。

 

 

iPad All Stars

https://mey.hateblo.jp